天竺堂の本棚小説

異なる読み味楽しめる 『N』

スポンサーリンク
『N』

 道尾秀介のユニークなミステリ。

 6章で構成され、各章は独立した物語だけど、舞台や登場人物などにゆるい関連がある。
 章の順序を変えて読むと、そのたびに異なる感慨が生じ、つまりは720通りの読み味が楽しめるという。
 なかなかに凝った趣向。

 私は6⇒1⇒5⇒2⇒4⇒3の順に読んでみました。

 結果、何ともエグい読後感を強いられる羽目に。
 これはこれで興味深くはあるけど、面白く読み進んでいただけに残念です。

 途中どんなルートをたどったとしても、全体の印象って、最後に読んだもので決まってしまうんじゃなかろうか…?

ブログランキング・にほんブログ村へ



↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪

スポンサーリンク
天竺堂通信
タイトルとURLをコピーしました