これで楽チン♪ 運搬をキャリーバッグ風に

Sバッグと一緒に、引っぱりながら移動
Sバッグと一緒に、引っぱりながら移動

 折りたたんだ状態のブロンプトンは、リアフレーム左右に付いているローラーと、リアフェンダーのローラーによって、前後に動かすことができます。
 しかし、機能としては“オマケ”みたいなもの。ホイールはスムーズに転がらないし、たたんだ車体は左右のバランスが悪い。便利とは言えません。

 先達のブログなどを参考に、自分なりに試行錯誤を重ね、キャリーバッグのようにスルスルと引っ張りながら持ち運べるよう、少々工夫してみました。

Aceoffix イージーホイール&
エクステンションバー

 リアフレーム左右のローラーを、「Aceoffix」の2製品と交換しました。台湾製らしいです。

 ひとつは、イージーホイール。
 ローラーの上位互換品です。直径が大きいことに加え、ベアリングを内蔵しているらしく、軽快に転がってくれます。ローラーとは段違い。

 もうひとつは、エクステンションバー。
 イージーホイールの台座に当たります。通常のローラーがある箇所に、このエクステンションバーを装着し、バーの左右にイージーホイールを付けます。
 その名のとおり“伸ばせる”構造。右側のホイールを引っ張ると、車軸が倍近く伸びるのです。
 エクステンションバーのおかげで、たたんだ状態のブロンプトンの、左右のバランスが安定します。

エクステンションバーとイージーホイール&エクステンションバーを伸ばした状態
(右)エクステンションバーとイージーホイール、(左)エクステンションバーを伸ばした状態

rin project ブロンプトン用輪行バッグ

 納車時に購入した「ぷち輪バッグ」は確かに便利ではありましたが、さらなる利便性を求め、「rin project」のブロンプトン用輪行バッグに買い換えました。
 薄くて丈夫で、コンパクトに持ち運べるところは同じ。大きな特徴は、別にあります。

 この輪行バッグは、下面の一部が開くのです。
 収納したブロンプトンの、イージーホイールの箇所が露出します。ブロンプトンを収納したままでイージーホイールが使える仕組みです。

 輪行バッグの上部ジッパーを少し開け、キャリアブロックにSバッグなどを装着します。そして、輪行バッグの下部からイージーホイールを露出させ、バッグの取っ手を引いて歩くのです。

 キャリーバッグを引いて移動する感じ。“荷物”としてのブロンプトンの携行が、とてもラクになりました。

輪行バッグから露出させたイージーホイール&2輪のフェンダーホイール
(右)輪行バッグから露出させたイージーホイール、(左)2輪のフェンダーホイール

Aceoffix
フェンダーホイール

 イージーホイールやエクステンションバーと併せて、「Aceoffix」のフェンダーホイールも購入しました。

 ブロンプトンのリアフェンダーに設けられているローラーの上位互換品です。
 1輪タイプと2輪タイプがあり、「安定性が高いに越したことはないだろう」と考えて後者にしました。

 ブロンプトンを輪行バッグに収納した状態では出番はないものの、宿泊施設のロビーや廊下などで、便利さが発揮されます。 折りたたんだまま、ちょっと移動しなければならない…そんな場面です。

 イージーホイールとの相乗効果で、たたんだ車体をスムーズに動かしてくれます。

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪

スポンサーリンク