天竺堂の本棚知識・教養

無理難題さえ論じる“論芸” 『ドーナツを穴だけ残して食べる方法』

スポンサーリンク
無理難題さえ論じる“論芸” 『ドーナツを穴だけ残して食べる方法』

 大阪大学の学生たちによって企画・制作された本。
 阪大の理系・文系の教員13人に、「ドーナツを穴だけ残して食べる方法」について、それぞれの学問領域から論じさせてる。

 工学の先生はドーナツの穴ギリギリまでレーザーで削ろうとするし、数学の先生は四次元的に食べる方法を提案、経済学の先生は都市のドーナツ化現象に話題を拡げ、美学の先生は何故か「ドーナツは家である」との結論に達する。
 学者に不可欠なスキルとして、無理難題であっても自分の専門分野で論じてみせる、話芸ならぬ“論芸”みたいなものがあるように思える。

 学内の留学生たちに、自国のドーナツ的な菓子を紹介してもらったコラムも楽しい。

 学問の面白さや、大学の多様性を、ユニークな切り口でもって教えてくれる一冊♪

ブログランキング・にほんブログ村へ



↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪

スポンサーリンク
天竺堂通信
タイトルとURLをコピーしました