施設長の学び! ~福祉作業所で働きながら~

障害のある人たちがかよう福祉作業所が、私の職場です。
施設管理者として、社会福祉士として、障害者のきょうだいとして…日々の思いや気付きをつづります。

施設長の学び!

手帳を愛用しています

 毎日の行動や予定の管理。近ごろはスマートフォンを駆使している人も多いようですが。私は長年、手帳を愛用しています。憶えておくべきことや、忘れたくないことは、すべて手帳に書き込みます。 ... 【続きを読む】
施設長の学び!

生活介護事業を始めて

 ウチの施設では、新たに生活介護事業を始め、同時に就労移行支援事業を廃止しました。 これによって、多機能型であるウチは、就労継続支援B型と生活介護の2事業を行なう施設となりました。  ... 【続きを読む】
施設長の学び!

“仲間”が増える― 楽しみと頼もしさ

 毎年3月には、社会福祉士の国家試験の合格発表があります。 そのため、かつてウチの施設で実習を行なっていた学生たちが、「合格しました!」と報告に来てくれることがあります。  1カ月程度... 【続きを読む】
スポンサーリンク
施設長の学び!

『認知症世界の歩き方』

 障害のある人たちを支援している私ですが。 その相手が、どのような困難を覚え、どれほどに苦しんでいるのか、私には分かりません。  観察したり話を聴いたりした上で、相手の身になってみて、... 【続きを読む】
施設長の学び!

引き出しと組み合わせ

 ウチの施設を利用し始めたばかりのAさんについて。 私が「どんな人?」と訊くと、現場の職員たちは、古参の利用者さんを例に「フレンドリーなBさんという感じでしょうか」「Cさんを用心深くしたよう... 【続きを読む】
施設長の学び!

『目の見えない白鳥さんとアートを見にいく』

 以前に書いた「私たちが受け取っているもの」において、「視覚障害のある人に、美術館で絵画について説明し、鑑賞を支援する」という活動に触れました。 障害者への支援とは、実は双方向の行為かもしれ... 【続きを読む】
施設長の学び!

誰だって“キラキラ”したい

 利用者Aさんのエピソードをご紹介します。 ウチの就労継続支援B型を“卒業”し、現在は民間企業で働いています。  Aさんは真面目な人柄で、言動も穏やかで控えめでしたが。 まったくの“別... 【続きを読む】
施設長の学び!

気持ち良く送り出せるよう

 ウチの施設を十年近く利用していたAさん。 このたび、就労移行支援A型の作業所へ移行することになりました。  A型作業所での3日間の実習が無事に終わり、移行後への自信が持てたそうです。... 【続きを読む】
施設長の学び!

私たちが受け取っているもの

 先日インターネットで視聴した、あるシンポジウム。 哲学や政治学の専門家たちが、「利他」や「能力主義」などについて議論する内容でした。  シンポジウムの中で「障害者への支援とは、支援者... 【続きを読む】
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました