天竺堂の本棚 ~読書は最高の娯楽です~

手元に未読本がないと落ち着かなくなってしまう私。
乱読多読による感想などを、備忘録的に書いています。

天竺堂の本棚

著者公認の“外伝” 『三体X 観想之宙』

 SF大作『三体』の二次創作というか外伝というか番外編みたいな物語。  三体世界へスパイとして送り込まれた雲天明はどうなってたのか…という、本編で語られなかった部分を、熱心なファンが補... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

人々の健気さ 浮き彫りに 『空をこえて七星のかなた』

 大きな夢を抱いて挑戦し、成し遂げる人がいる。その活躍をながめ、うらやむ人たちもいる。 立場も事情も異なる両者だけど、どちらも主人公として日々を生きており、それぞれにドラマがある。  ... 【続きを読む】
マンガ

やっぱ阿修羅王が素晴らしい 『百億の昼と千億の夜』(完全版)

 光瀬龍の原作は、SFのオールタイム・ベストのひとつ。 個人的な評価だけど、同じように考える人は少なくないんじゃなかろうか?  萩尾望都によるマンガ版も、個人的にはマンガでのオールタイ... 【続きを読む】
スポンサーリンク
天竺堂の本棚

“原点”であり“最高峰”でもある 『愛蔵版 英雄コナン全集』(1 風雲篇)

 ヒロイック・ファンタジーの“原点”であり“最高峰”でもある、何だか「仮面ライダー1号」みたいな存在がコレ。 未来少年とか小学生探偵じゃないぞ。  古代世界を放浪し、凶漢や怪物と闘い、... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

アヤフヤな戦いへの奇策 『アグレッサーズ 戦闘妖精・雪風』

 スポーツであれば、勝敗の決着はルールで決められてる。ルール無用のケンカでも、どちらか一方が闘えなくなるか、あるいは死んでしまえば、それで決着だろう。  …ならば、戦争は? どちらかの... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

ウルフガイを彷彿と 『月の王』

 伝奇アクションの古典的名作である平井和正『ウルフガイ』作品群の、インスパイアみたいなオマージュみたいな、活劇たっぷりの娯楽小説。  主人公は驚異的な身体能力の持ち主で、月齢に合わせて... 【続きを読む】
マンガ

見入ってしまう異世界 『闇の国々』(1~4)

 フランスのマンガ(バンド・デシネ)による、ボリューム満点の邦訳版、全4巻。 異世界「闇の国々」での事件や冒険を描いたオムニバスの作品群で、今後も創作は続くらしい。  舞台となる闇の国... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

次の社会を考える 『人新世の「資本論」』

 経済格差が拡がり、環境破壊も過重労働も進む一方で、地球温暖化は止まらない…ろくなことがない資本主義社会。 広く叫ばれてる「SDGs」なんか焼け石に水でしかなく、社会システムを根底から変える... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

異なる読み味楽しめる 『N』

 道尾秀介のユニークなミステリ。  6章で構成され、各章は独立した物語だけど、舞台や登場人物などにゆるい関連がある。 章の順序を変えて読むと、そのたびに異なる感慨が生じ、つまりは720... 【続きを読む】
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました