天竺堂の本棚 ~読書は最高の娯楽です~

天竺堂の本棚

地球防衛への不条理な奇策  『アグレッサーズ 戦闘妖精・雪風』

 スポーツであれば、勝敗の決着はルールで決められてる。ルール無用のケンカでも、どちらか一方が闘えなくなるか、あるいは死んでしまえば、それで決着だろう。  …ならば、戦争は? どちらかの... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

ウルフガイを彷彿と 『月の王』

 伝奇アクションの古典的名作である平井和正『ウルフガイ』作品群の、インスパイアみたいなオマージュみたいな、活劇たっぷりの娯楽小説。  主人公は驚異的な身体能力の持ち主で、月齢に合わせて... 【続きを読む】
マンガ

見入ってしまう異世界 『闇の国々』(1~4)

 フランスのマンガ(バンド・デシネ)による、ボリューム満点の邦訳版、全4巻。 異世界「闇の国々」での事件や冒険を描いたオムニバスの作品群で、今後も創作は続くらしい。  舞台となる闇の国... 【続きを読む】
スポンサーリンク
天竺堂の本棚

次の社会を考える 『人新世の「資本論」』

 経済格差が拡がり、環境破壊も過重労働も進む一方で、地球温暖化は止まらない…ろくなことがない資本主義社会。 広く叫ばれてる「SDGs」なんか焼け石に水でしかなく、社会システムを根底から変える... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

異なる読み味楽しめる 『N』

 道尾秀介のユニークなミステリ。  6章で構成され、各章は独立した物語だけど、舞台や登場人物などにゆるい関連がある。 章の順序を変えて読むと、そのたびに異なる感慨が生じ、つまりは720... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

“反応”で逃げないために 『自分の意見で生きていこう』

 著者によると、私たちの返答は「意見」と「反応」に分かれるらしい。 後者は「へー」「ふーん」みたいな相づちのほか、情緒的な感想とか、批判や質問などを指すそうな。  反応に共通するのは「... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

イルカのような… 『カラスの親指』

 詐欺師たちのスリリングなコン・ゲームが展開する本書には、「イルカのような」と描写される人物が登場する。 ツルリとした顔、優しそうでヤンチャそうな目、ツンとした唇にはいつも笑みが浮かんでる…... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

美しくも厳しい…湿地で生きる少女 『ザリガニの鳴くところ』

 ザリガニが鳴くのかどうか、私は知らない。 小学生のころ、理科室の水槽で飼ってたアメリカザリガニの世話係をやったことがあるけど、鳴き声は聞けなかった。  本書によると、ザリガニの鳴くと... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

逆縁をも上回る 『あなたの人生の物語』

 子供が親よりも先に死んでしまう“逆縁”は、重い親不孝とされる。 立派な偉人に育ってくれそうにはないし、むしろ世間に迷惑をかける愚物で終わるかも知れない。それでも、我が子の死に、親として向き... 【続きを読む】
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました