天竺堂の本棚小説

跡目争い 軽妙に描く 『清須会議』

スポンサーリンク
跡目争い 軽妙に描く 『清須会議』

 信長没後の跡目争いを、登場人物たちのモノローグ(現代語訳)でつづった時代小説。

 武将や姫たちの会話の端々に、それぞれの思惑がうかがえたりする。コミカルで軽妙なやりとりの描き方が、とても巧み。

 立ちまくってるキャラたちの中、天下取りへの野望を燃やす羽柴秀吉だけが、ポッカリとした空洞みたいな感じ。得体の知れないところがあって、ちょっと不気味。
 そこがまた良いのです♪

ブログランキング・にほんブログ村へ



↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪

スポンサーリンク
天竺堂通信
タイトルとURLをコピーしました