天竺堂の本棚小説

シリアル・キラーが主人公 『ハサミ男』

スポンサーリンク
『ハサミ男』

 殊能将之のミステリ。

 世間から「ハサミ男」として恐れられるシリアル・キラー(連続殺人鬼)が主人公。
 このハサミ男の人物造形が秀逸。犯行の動機がスッポ抜けてたり、強い自殺願望を持ってたり、ツッコミ役みたいな別人格がいたり。本物のシリアル・キラーがどうなのかは分からないけど、何だか妙にリアル。

 標的を物色してたハサミ男が、模倣犯が起こした殺人事件の第一発見者になってしまい、犯人探しをする羽目に。

 物語全体を、カラッとしたドライさや、シニカルなユーモアが覆ってる。そのおかげか、不思議と読みやすい。

 終盤に大きなドンデン返しが待ってるぞ。
 巧妙に書かれてるせいで、あっさり騙されてしまいました♪

ブログランキング・にほんブログ村へ



↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪

スポンサーリンク
天竺堂通信
タイトルとURLをコピーしました