天竺堂の本棚小説

“在り得なさ”が痛快 『火刑法廷』

スポンサーリンク
“在り得なさ”が痛快 『火刑法廷』

 初めて読んだジョン・ディクスン・カー。

 富豪の殺害疑惑に絡んで、遺体が地下霊廟から無くなったり、怪しい女が壁に消えたり、主人公の奥方が伝説的な毒殺魔にそっくりだと分かったり。

 各節の末尾に“小さなオドロキ”が用意され、それらが各章の末尾の“大きなオドロキ”につながっていく、巧みな構成。
 ページをめくる手が止まりません。

 怪現象が次々と起きるものの、本格ミステリーらしく鮮やかに決着。と思ったら、さらに“異質なオドロキ”が待ってるぞ。
 ムーンサルトの直後にトリプル・アクセルが飛び出すみたいな、そんな“在り得なさ”が痛快です♪

ブログランキング・にほんブログ村へ



↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪

スポンサーリンク
天竺堂通信
タイトルとURLをコピーしました