天竺堂の本棚小説

宇宙に拡がる多様な人類 『天冥の標3 アウレーリア一統』

スポンサーリンク
『天冥の標3 アウレーリア一統』

 小川一水の大河SFシリーズ第3部。
 近未来(ほぼ現代)のパニック小説っぽい前作から一転、未来の小惑星帯を舞台にしたスペースオペラに。

 木星の大赤斑で発見された古代遺跡をめぐり、宇宙海賊たちの組織と、それを狩る宇宙戦艦が、追いつ追われつの激戦を展開する。
 太陽系に拡がる人類の栄枯盛衰とか、特異な環境に生じた特異な文化とか、刺激的で興味深い。

 1部と2部に出てきた事物が、本作にも登場する。趣が異なってはいても、長大な物語の一部を成してることが分かる。
 書き手の「できることはすべて盛り込む」みたいな意気込みが伝わってくるようです♪

ブログランキング・にほんブログ村へ



↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪

スポンサーリンク
天竺堂通信
タイトルとURLをコピーしました