ノンフィクション天竺堂の本棚

無類に面白い人物評伝 『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』(上・下)

スポンサーリンク
『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』(上・下)

 鬼と呼ばれた柔道家の生涯を描いたノンフィクション。

 全日本連覇や天覧試合制覇、プロ柔道の旗揚げ、プロレスラーとしての海外遠征、グレイシー柔術との伝説的な対決、力道山との運命的な決闘…などなど。
 波乱の人生をたどることで、格闘技界の近・現代史が俯瞰できる。

 著者のスタンスは木村側・柔道側にはっきり偏っていて、「木村の名誉を回復させたい」という情熱や、中途半端にスポーツ化した現代柔道へのイラだちなどが随所に読み取れる。
 そんな揺れ動く思いが、生々しい迫力につながってる。いささかバランスは悪いかも知れないけど、人物評伝として無類に面白い。

 重厚長大なのにグイグイと読めてしまいます♪

ブログランキング・にほんブログ村へ



↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪

スポンサーリンク
天竺堂通信
タイトルとURLをコピーしました