天竺堂の本棚小説

物語を覆う不穏な気配 『夜行』

スポンサーリンク
『夜行』

 森見登美彦のオムニバス的な綺譚集。

 10年ぶりに集まった5人の男女が、奇妙な体験を語り合う。
 エピソードは多様だけど、失踪した女友達や、夭逝した銅版画家による連作「夜行」など、共通の背景がある。

 現実離れした怪異について、意味も理由も明示されなかったり。謎が謎を呼ぶ展開なのに、えらく唐突な幕切れが訪れたり。
 胸騒ぎを誘う不穏な気配が、物語全体を覆ってる。

 読後には、未消化なもどかしさというか、不条理感みたいなものが残ってしまいます。
 だけど、むしろそこが、神秘的な魅力につながってる模様♪

ブログランキング・にほんブログ村へ



↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪

スポンサーリンク
天竺堂通信
タイトルとURLをコピーしました