天竺堂の本棚知識・教養

理想主義と現実主義の論議 『闘うための哲学書』

スポンサーリンク
理想主義と現実主義の論議 『闘うための哲学書』

 小川仁志と萱野稔人、哲学者2人の対談集。「愛するとは何か?」「戦争はなくせるのか?」などのテーマに沿い、哲学分野の名著を紹介した本でもある。

 哲学カフェなどを通して市民と語らう、理想主義の小川。時事問題を取り上げながら国家を論じる、現実主義の萱野。
 一般向けの書籍を多く出してたり、マスメディアへの露出が多いところが似てる両者だけど、立場は大きく異なる模様。

 そんな2人の主張がぶつかり合い、テーマによっては熱い論議が交わされる。
 理想を高く掲げるのか? 現実を厳しく見つめるのか? …哲学が実践される際の、考え方の違いが垣間見えて興味深い。

 ちなみに、本書によると、哲学者は「言葉の職人」だって。
 言葉を駆使して職人的な仕事ができる人こそが“哲学者”であり、そうでない人は“哲学研究者”ということになるようです♪

ブログランキング・にほんブログ村へ



↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪

スポンサーリンク
天竺堂通信
タイトルとURLをコピーしました