天竺堂の本棚小説

語りの舞台はそのままに 『あやかし草子』

スポンサーリンク
『あやかし草子』

 宮部みゆきの人気シリーズ第5巻。

 シリーズに大きな変化が到来し、これまでの主人公というか狂言回し役が“引退”してしまう。次巻からは別の人物が主役を務める模様。
 そこに至る過程が少々唐突にも思えるけど、ここまで付き合ってきた読者であれば、納得はできるはず。

 サブタイトルが「三島屋変調百物語」だから、さまざまな怪異が語られる小間物屋「三島屋」という舞台はそのままに、これからも主役が何度か交代するのかも知れない。
 いずれ主人公の娘とか出てきて、引き継いだりして。

 著者にとってこのシリーズはライフワークらしいので、時間はかかるだろうけど、百話を達成してほしいっス♪

ブログランキング・にほんブログ村へ



↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪

スポンサーリンク
天竺堂通信
タイトルとURLをコピーしました