天竺堂の本棚小説

マンガ表現 フルに駆使 『ひきだしにテラリウム』

スポンサーリンク
マンガ表現 フルに駆使 『ひきだしにテラリウム』

 九井諒子の掌編マンガ集。

 全33編すべて数ページ程度。
 内容は多種多様で、SFあり、民話風あり、裁判あり、ホラ話あり、不条理あり、ギャグあり、ラブコメあり、一発ネタあり…。幕切れのオチも、ドンデン返し、脱力系、メタフィクション、2段構え、あえて落とさない…。
 手を変え品を変えのラインナップだぞ。

 星新一とかのショートショート集みたいな趣が。
 だけど、文章だけでは成立させられない、視覚表現が“キモ”となる話があったりする。個々の話のテイストに合わせ、絵柄を変えてたりもする。
 マンガならではの面白さを追究しようという、そんな意欲が感じられる。

 マンガによる表現の、幅広さや奥行きに感心。それらをフルに駆使する、作者の力量にも感心。
 ひたすらに感心させられました♪

ブログランキング・にほんブログ村へ



↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪

スポンサーリンク
天竺堂通信
タイトルとURLをコピーしました