天竺堂の本棚小説

卓袱料理か皿鉢料理か 『エンディミオンの覚醒』(上・下)

スポンサーリンク
卓袱料理か皿鉢料理か 『エンディミオンの覚醒』(上・下)

 『ハイペリオン』『ハイペリオンの没落』『エンディミオン』と続いてきた、SF巨編の最終巻。

 さまざまな娯楽小説の要素と、SFガジェットがテンコ盛り。
 長崎の卓袱料理とか、高知の皿鉢料理みたいな、何でもアリのゴージャスぶり。読んでいて実に楽しい。

 残ってた謎や疑問をゴーインに解き明かしつつ、大団円のエンディングを迎える。
 ホロリとさせるところもあって、これがまた良いのです♪

ブログランキング・にほんブログ村へ



↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪

スポンサーリンク
天竺堂通信
タイトルとURLをコピーしました