天竺堂の本棚小説

大掛かりな間奏曲 『無限記憶』

スポンサーリンク
大掛かりな間奏曲 『無限記憶』

 SF大作『時間封鎖』の続編。
 前作から30年後の異星が舞台。

 包んだ惑星の時間を速めるバリアーとか、地球と異星を繋げる巨大アーチとか、そんなシロモノを生んだ存在“仮定体”の謎に迫る内容。
 なのに、いっそう謎が深まるばかり。というか、物語の大風呂敷がもっと拡がってる感じ。

 さらに続編があるので、間奏曲的な位置付けかも。間奏曲にしては大掛かりだけど♪

ブログランキング・にほんブログ村へ



↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪

スポンサーリンク
天竺堂通信
タイトルとURLをコピーしました