天竺堂の本棚小説

旧ソ連の暗黒史が浮き彫りに 『オリガ・モリソヴナの反語法』

スポンサーリンク
『オリガ・モリソヴナの反語法』

 米原万里の長編小説。

 著者がモデルと思われる日本人女性が、少女時代を過ごしたプラハのソビエト学校で出会った舞踊教師の消息をたずね、民主化後のモスクワをさまよう。ミステリ仕立ての物語。

 教師が歩いた波乱の人生をたどるうち、弾圧や粛清に揺れた旧ソビエト連邦の暗黒史が浮き彫りに。

 重い内容なんだけど、読後感はさわやかです。
 著者独特の自然な語り口や、庶民の健気さへ向けられた温かいまなざしのおかげかな。

ブログランキング・にほんブログ村へ



↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪

スポンサーリンク
天竺堂通信
タイトルとURLをコピーしました