マンガ天竺堂の本棚

舞踊芸術の醍醐味 『アラベスク』(1~4巻)

スポンサーリンク
『アラベスク』(1~4巻)

 山岸凉子のバレエマンガ。初期の出世作とのこと。

 平凡に見えるけど、非凡な才能を秘めた主人公。その才能を見出し、シゴキまくる鬼コーチ。“スポ根”の王道的な物語(スポーツじゃないけど)。

 ただ、『ガラスの仮面』『巨人の星』『エースをねらえ!』などと異なるのは、主人公に特定のライバルがいないこと。お蝶夫人みたいな才色兼備のエリートとか。

 ライバルとの葛藤がない分、別の面白さがある。
 バレエという舞踊芸術、その醍醐味が分かりやすく紹介されていて興味深い。かつての共産主義国、ソビエト連邦を舞台にしてるところも、独特の空気感をもたらしてる。

 全体が2部構成で、前半は比較的シンプルな少女マンガ。だけど後半には心理サスペンスっぽい要素が加わっていて、以後の作者の作風を暗示してるような♪

ブログランキング・にほんブログ村へ



↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪

スポンサーリンク
天竺堂通信
タイトルとURLをコピーしました