知識・教養

天竺堂の本棚

合理的思考で回答 『臨機応答・変問自在』

 ミステリ作家の森博嗣による、ユニークな問答集。  名古屋大工学部の助教授だったころ、授業の一環として学生たちから質問を募り、これらにいちいち回答してたそうな。 その中から、読み物とし... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

時代を、社会を、自分を語る 『打ちのめされるようなすごい本』

 米原万里の書評集。 前半が週刊誌の連載コラム、後半は新聞や雑誌への寄稿文。  ロシア語の同時通訳で活躍した著者だけに、旧ソ連や東欧に関するノンフィクションを数多く紹介。知らない本ばか... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

“他の可能性”や“多様な価値”を導く 『あなたへの社会構成主義』

 社会構成主義(社会構築主義)という社会学方面の考え方について、丁寧に解説してある本。  世間一般に「事実だ」「真理だ」「常識だ」と信じられてるモノゴトには、私たちの文化や歴史、伝統、... 【続きを読む】
スポンサーリンク
天竺堂の本棚

哲学を対話へ還していく試み 『「聴く」ことの力』

 「臨床哲学」なるものを追究してる本。  対話から始まったとされる哲学を、再び対話へと還していく試みらしい。 自分と他者とのコミニュケーションについて、著者は「その仕組みは?」「意味や... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

絵で示せばこーゆーこと 『哲学用語図鑑』

 「辞典」じゃなく「図鑑」なところがミソ。著者がグラフィック・デザイナーというところもミソかな。  構造主義とか脱構築とか言語ゲームとか、古代から現代までの哲学者たちが提唱した理論や概... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

哲学や道徳は“守備範囲外” 『マキアヴェッリ語録』

 マキャベリ(マキアヴェッリ)の著作や書簡などから、普遍的と見られる箇所を、塩野七生がまとめ直した箴言集。  有名な言葉「目的は手段を正当化する」。 しばしば「目的のためなら手段を選ば... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

“対抗発展”を提唱 『経済成長がなければ私たちは豊かになれないのだろうか』

 『世界がもし100人の村だったら』を書いた政治学者が、経済成長を不可欠とするような“常識”に疑義を唱えてる本。  全世界の人々の生活水準が、先進国の一般市民レベルまで引き上げられたな... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

思想や価値観の背景 明らかに 『17歳のための世界と日本の見方』

 松岡正剛による、大学生向けの講義をまとめた本。  日本や世界の歴史を俯瞰しながら、物語や言語の発生、宗教の成り立ち、文化の相互作用…などなどを、平易な言葉で解説。 現代に生きる私たち... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

良い教育とはどんなものか 『教育の力』

 教育哲学の研究者が、学校教育の在り方について提言してる本。  自由を手に入れる力を与えるものが教育であり、互いの自由を承認し合うことを学ぶ場が学校である…というのが、著者の持論。 そ... 【続きを読む】
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました