天竺堂の本棚小説

犯罪捜査の緊迫感 『第三の時効』

スポンサーリンク

 やたらと仕事ができて、自分にも他人にも厳しい…そんな人材がいる職場は、成績は上がるだろうけど、一緒に働く身としてはなかなかにツラい。
 そこが警察みたいな、仕事自体が“社会正義”を体現してるところだと、惰弱に逃げにくいから余計にツラい。

 本書に登場する3人、F県警捜査一課強行犯捜査係の班長たちは、みんな個性的で、犯人逮捕の連勝記録を競い合ってるほどの腕利きぞろい。
 しかし、上司としても部下としても、協調できそうにない難物ばかり。
 活躍をギャラリーとしてながめてる分には、無類に面白いんだけど。

 犯罪捜査のハードな現場にみなぎるヒリヒリとした緊迫感が、行間から伝わってくるような短編連作でした♪

ブログランキング・にほんブログ村へ



↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪

スポンサーリンク
天竺堂通信
タイトルとURLをコピーしました