施設長の学び!現場の学び

移り変わる“常識”を把握する

スポンサーリンク
移り変わる“常識”を把握する

 ウチの施設で先日、職員対象の救急救命訓練を行ないました。
 地元消防署から招いた救急救命士の指導で、ダミー人形を相手に心肺蘇生法を学ぶというものです。

 年に一度の訓練でも、十数年ほど続けてきたおかげで、心肺蘇生法の変化に気付きました。
 昔はダミー人形の口に直接、人工呼吸を行なっていました。現在の訓練は、胸骨圧迫(心臓マッサージ)とAED(自動体外式除細動器)使用が中心です。

 私たちの“常識”は、揺るぎないように見えるけれど、実際には少しずつ移り変わっています。
 もしも今、救急救命の現場で人工呼吸を行おうとしたら、感染症リスクを懸念する人たちが止めに入るかも知れません。

 このような“常識”の変化は、障害者福祉にも見られます。

スポンサーリンク

アップデートされている…?

 障害者への支援とは、以前は「障害がもたらす困難を、訓練によって克服させること」。今では「社会や環境に働きかけて、障害から困難が生じないようにすること」でしょう。
 障害者の自立とは、かつては「支援を受けなくても生活を成り立たせられること」でした。それが近年「支援を受けながら主体的に生きること」へと変わってきている模様。

 …と書いてはみたものの、正しく表現できているでしょうか?

 福祉をめぐる知見や価値観の変遷について、私が初めて学んだのは、社会福祉士の受験勉強でした。
 あれから十数年。変化はさらに進んでいるものの、それが自分の中でアップデートされているのかどうか、あまり自信がありません。

 前回の記事では、私自身の変化について書いたのですが。
 それ以上に社会の変化が大きく、捉えきれていない自分の不勉強を痛感させられます。

Free Stock photos by Vecteezy

ブログランキング・にほんブログ村へ



↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪

スポンサーリンク
天竺堂通信
タイトルとURLをコピーしました