天竺堂の本棚小説

デカくてスゴくて 『三体3 死神永生』(上・下)

スポンサーリンク
『三体3 死神永生』(上・下)

 中国産SF大作の完結編。

 外宇宙から迫り来る危機また危機に、人類文明はありったけの科学技術と工業力でもって抵抗する。
 その行く末を、冷凍睡眠を繰り返しながら見守り続ける主人公。

 昭和時代の児童向け絵解き科学読本(学研のジュニアチャンピオンコースみたいな)に載ってたような、未来社会の光景とか、大掛かりなガジェットとか、宇宙規模の怪奇現象とか、懐かしいような珍しいようなモノゴトが続々登場。
 物語のスケールはグングン拡大し、ついには“宇宙の果てのそのまた向こう”へ至る。

 やたらとデカい。とにかくスゴい。やっぱSFはこーでなきゃ…なんて思う。
 お腹いっぱいです♪

ブログランキング・にほんブログ村へ



↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪

スポンサーリンク
天竺堂通信
タイトルとURLをコピーしました