天竺堂の本棚小説

主人公の魅力で読ませる 『脳男』

スポンサーリンク
『脳男』

 連続爆破事件の爆弾魔を追い詰めていた警官隊の前に、突如現れた青年・鈴木一郎をめぐるサスペンス。

 脇役が不自然なほどに個性的だったり、設定や描写の細かいところと雑なところの落差が大きかったり。 何ともバランスが悪い。

 でも、そんな短所を補って余りあるのが、感情が欠落してるという“脳男”、鈴木一郎の奇妙な魅力。謎めいた過去や、超人的な能力(特異体質?)が明らかになっていく過程で、グイグイ読ませます♪

ブログランキング・にほんブログ村へ



↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪

スポンサーリンク
天竺堂通信
タイトルとURLをコピーしました