天竺堂の本棚知識・教養

哲学や道徳は“守備範囲外” 『マキアヴェッリ語録』

スポンサーリンク
哲学や道徳は“守備範囲外” 『マキアヴェッリ語録』

 マキャベリ(マキアヴェッリ)の著作や書簡などから、普遍的と見られる箇所を、塩野七生がまとめ直した箴言集。

 有名な言葉「目的は手段を正当化する」。
 しばしば「目的のためなら手段を選ばない」などと解釈されがちだけど、本来の意味は異なる模様。

 君主たる者、国家の存続を最優先させなきゃならない。
 国家の安全・安定を維持するためには、公明正大であるばかりでは難しい。あえて狡猾に非情に立ち回らなきゃならない場合もあるのだと。

 考え方が、とことん現実的で実用的。

 そんなマキャベリの箴言に対し、哲学的・道徳的な観点から「国家のために個人を犠牲にしても構わないのか」みたいな疑義が寄せられたりする。
 それって、肉料理のレシピ本の著者に、肉食の是非を問うようなもの。“守備範囲外”なのだ。

 巷で言われてるように、組織のリーダーとしての心構えなどを学ぶには適してるけど。
 より良い生き方の指針を得たい人は、別の何かを読むべきですw

ブログランキング・にほんブログ村へ



↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪

スポンサーリンク
天竺堂通信
タイトルとURLをコピーしました