天竺堂の本棚知識・教養

“国益”めぐる駆け引きと妥協の場 『国際社会で働く』

スポンサーリンク
“国益”めぐる駆け引きと妥協の場 『国際社会で働く』

 国連について、元外務官僚が紹介してる本。

 第二次大戦の後、戦勝国主導で組織された国際連合。
 平和を謳ってはいるものの、実際に優先されるのは加盟各国の“国益”。大国と小国の利害が絡み合い、駆け引きと妥協が繰り返されてるそうな。

 とは言え、国境を越えて紛争や貧困に対処する、世界最大の組織であることは事実。これより上位に当たる組織が存在しないことも事実。
 そこでは日夜、職員や外交官たちが、複雑な国際問題の打開を目指し、粘り強い努力を続けてる。

 著者は国連日本政府代表部公使などを歴任。
 国連の成り立ちや制度、業務の実際などを、平易な言葉で解説してる。

 日本での原発事故や集団的自衛権、平和憲法をめぐる問題。
 これらについての捉え方、考え方は、日本国内と国際社会では大きく異なる模様。それが国連内では際立つらしく、本書でたびたび触れられてる。
 良し悪しは別として、さまざまな意見は知っておきたいところです♪

ブログランキング・にほんブログ村へ



↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪

スポンサーリンク
天竺堂通信
タイトルとURLをコピーしました