天竺堂の本棚知識・教養

“大家”の屁理屈を味わう 『思考力』

スポンサーリンク
“大家”の屁理屈を味わう 『思考力』

 著者は『思考の整理学』などで知られる、英文学者の外山滋比古。

 知識の詰め込みではなく、自分で考えることの大切さを力説してる。そこは納得できるし、考える力の育て方など、おおむね有益なことが書いてあると思う。

 ところが、「良い本をいくつか読んでおけば、他は捨てても構わない」みたいな言説もチラホラ。
 無理矢理な極論には、引っかるものを覚えてしまう。

 英文学者なのに、海外渡航歴は皆無という著者。「平安時代を研究してる学者だって、平安時代には行ったことがない」なんて主張してるぞ。
 海外へ飛ぶ航空機には望めば乗れるけど、過去へ行くタイムマシンには望んだって乗れやしないんだから、同列に扱うこと自体が無茶。そんなイタいことは書かないで、素直に「飛行機は怖い」って認めればいいのに。

 一応“大家”とされる人物だし、放言みたいな内容でも許されるのかも。
 ガンコ爺さんの屁理屈、味わって楽しめる人にはオススメですw

ブログランキング・にほんブログ村へ



↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪

スポンサーリンク
天竺堂通信
タイトルとURLをコピーしました