天竺堂の本棚小説

金瓶梅? 好色一代男? 『天冥の標4 機械じかけの子息たち』

スポンサーリンク
『天冥の標4 機械じかけの子息たち』

 小川一水の大河SFシリーズ第4部。
 前作と舞台は共通してるものの、作風はまたも一転。

 自律してるアンドロイドたちが棲む小惑星世界に迷い込んだ、青年の成長物語。
 …とも言えるんだけど、実態はSF版の『金瓶梅』とか『好色一代男』みたいなテイストだぞ。

 寓話っぽい味わいや、妙にユーモラスな部分、著者の挑戦的な姿勢などなど、個人的には楽しみの多い物語でした。
 でも、本作を受け付けない人はいるだろうな、きっとw

ブログランキング・にほんブログ村へ



↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪

スポンサーリンク
天竺堂通信
タイトルとURLをコピーしました