天竺堂の本棚小説

別のミステリー1冊分を封入 『ヨルガオ殺人事件』(上・下)

スポンサーリンク
『ヨルガオ殺人事件』

 ミステリーを読む時は虚心坦懐を心がけてる。と言えばキザだけど、つまりは謎解きをあきらめてる。
 読みながら手がかりを探し出し、トリックやミスリードを見破り、犯人を突き止める…なんて作業は登場人物に任せて、私は物語を楽しむことに専念する。
 犯人を当ててみたところで、どうせ当たったためしはないし。

 アンソニー・ホロヴィッツによる本書は、ミステリー上下巻の中に、別のミステリーが丸ごと1冊分入ってる。
 殺人犯の手がかりが、ある小説(作中作)で示唆されてるという構成。
 前日譚となる『カササギ殺人事件』と似てるぞ。“外側の話”も“内側の話”も、どちらも面白く読めて、ひと粒で2度おいしいところも前作同様。

 こーゆー凝ったミステリーは特に、楽しむことにリソースを集中させましょう♪

ブログランキング・にほんブログ村へ



↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪

スポンサーリンク
天竺堂通信
タイトルとURLをコピーしました