天竺堂の本棚小説

小気味良いサスペンス 『ラスト・ワルツ』

スポンサーリンク
小気味良いサスペンス 『ラスト・ワルツ』

 第二次大戦前夜に世界各国で暗躍していた、日本軍のスパイ養成機関「D機関」を描くシリーズの中編集。これが最終巻かも。

 超一流スパイであるD機関メンバーから見ると、他の登場人物たちは、騙したり利用したりする“カモ”でしかない。
 だから、やや高慢チキで冷笑的に見えるD機関メンバーにも、カモにされる連中にも、読み手はイマイチ感情移入できない。

 世界中のどんな諜報組織もかなわないとされるD機関。
 なのに、将来的に日本が太平洋戦争で負ける事実は揺るがないから、D機関が活躍するほどに虚しさを覚えてしまう。

 …という、シリーズの大枠自体に残念なところがある。
 だけど、個々の物語は、小気味良いサスペンスとして楽しめます♪

ブログランキング・にほんブログ村へ



↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪

スポンサーリンク
天竺堂通信
タイトルとURLをコピーしました