天竺堂の本棚小説

“遠大”すぎるロマン 『三体』

スポンサーリンク
『三体』

 ノーベル賞を受賞した日本の科学者たちは、みんな口ぐちに基礎研究の大切さを力説してる。
 ネットの端々で「今日のコンピューターは今より1世紀ほど前に行われた数学の基礎研究なしには成立し得ないが、当時はその数学の実用的応用が知られていなかった」なんて記述が目に付いたりもする。

 そんな基礎研究を妨害することで、敵国を弱体化させる…みたいな戦略って、どうなんだろう?
 成り立つのかも知れない。あまりに遠大すぎて、即効性は無さそうにも思えるけど。
 とは言え、その“遠大”なところにロマンを覚えたりもするぞ。

 それにしても、中国の人たちって、やっぱ思考の根底に「いざとなれば人海戦術!」「みんなでやれば何でもできる!」みたいなメンタリティがあるのかなぁ…なんてことを、読みながら思いました♪

ブログランキング・にほんブログ村へ



↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪

スポンサーリンク
天竺堂通信
タイトルとURLをコピーしました