小説

天竺堂の本棚

異質な要素が? 『機龍警察 白骨街道』

 シリーズ6作目。 ミャンマーの密林での過酷な強行軍と、兵器開発をめぐる汚職事件の捜査が、交互に展開していく。どちらもスリリングで読ませます。  今回は、機甲兵装に絡むところに、“十二... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

別のミステリー1冊分を封入 『ヨルガオ殺人事件』(上・下)

 ミステリーを読む時は虚心坦懐を心がけてる。と言えばキザだけど、つまりは謎解きをあきらめてる。 読みながら手がかりを探し出し、トリックやミスリードを見破り、犯人を突き止める…なんて作業は登場... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

バトルマンガに通じる面白さ 『推理大戦』

 似鳥鶏の連作ミステリ。  世界的に貴重とされるキリスト教の聖遺物の所有権をめぐり、各国の宗教組織から“代表”を募って推理ゲームで競わせるという、奇妙な企画が発表される。 実際にエント... 【続きを読む】
スポンサーリンク
天竺堂の本棚

情景から“孤独”がにじみ出る 『ロンサム・カウボーイ』

 片岡義男の連作短編集。初期の名作。  1970年代のアメリカにおける、さまざまな人生の形。 登場するのは、長距離トラックの運転手、荒野に建つカフェの女店主、酒場を渡り歩くハスラー、地... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

裏社会の“保安官” 『続・用心棒』

 ストリップクラブの用心棒をしながら、犯罪組織間のパワーバランスを維持する“保安官”を務める主人公。 性格は地味めなのに、ダイヤモンドを強奪したり、テロ組織を出し抜いたり、ニューヨークの真ん... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

デカくてスゴくて 『三体3 死神永生』(上・下)

 中国産SF大作の完結編。  外宇宙から迫り来る危機また危機に、人類文明はありったけの科学技術と工業力でもって抵抗する。 その行く末を、冷凍睡眠を繰り返しながら見守り続ける主人公。 ... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

構想膨らませた意欲作 『小説 火の鳥 大地編』(上・下)

 手塚治虫のライフワーク『火の鳥』の「大地編」を、桜庭一樹が小説として書き継いだ意欲作。  日中戦争後の上海で、長寿をもたらす未知のホルモンを分泌する伝説的な鳥の捕獲を狙う日本軍が、タ... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

濃厚キャラが物語に影響 『星系出雲の兵站 -遠征-』(1~5)

 往年の時代劇大作『柳生一族の陰謀』に、烏丸少将という悪役が登場する。 演じてるのは成田三樹夫。徳川三代将軍をめぐる幕閣内の暗闘につけ込もうと策謀する、公家の役だった。 顔は白塗り、口調は「... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

またもや謎の“商人”が 『魂手形』

 宮部みゆきのライフワーク的な伝奇シリーズ、その第7巻。  百物語の聴き手である富次郎は、聴き終えた物語にちなんだ絵を描くことを自分に課してる。 モチーフの選択が毎回、ナナメ上あたりに... 【続きを読む】
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました