天竺堂の本棚 ~読書は最高の娯楽です~

マンガ

読書の効用 生真面目に説く 『草子ブックガイド』(1~3)

 主人公は内向的な女子中学生。 一緒に暮らす父親は、画家志望なんだけど、日雇い労働と飲酒に明け暮れてる。離婚した母親は、版画家として成功し、別の家庭を築いてる。  そんな主人公の唯一の... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

デカくてスゴくて 『三体3 死神永生』(上・下)

 中国産SF大作の完結編。  外宇宙から迫り来る危機また危機に、人類文明はありったけの科学技術と工業力でもって抵抗する。 その行く末を、冷凍睡眠を繰り返しながら見守り続ける主人公。 ... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

構想膨らませた意欲作 『小説 火の鳥 大地編』(上・下)

 手塚治虫のライフワーク『火の鳥』の「大地編」を、桜庭一樹が小説として書き継いだ意欲作。  日中戦争後の上海で、長寿をもたらす未知のホルモンを分泌する伝説的な鳥の捕獲を狙う日本軍が、タ... 【続きを読む】
スポンサーリンク
天竺堂の本棚

波紋拡げたインタビュー集 『世界の悲惨』(1)

 フランスの社会学者・哲学者ブルデューが指揮し、市井の人びとに行なった聴き取り調査の本。 全3巻のうち、第1巻を読む。  本書のコンセプトは「社会は表立って表現されることのない苦しみで... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

濃厚キャラが物語に影響 『星系出雲の兵站 -遠征-』(1~5)

 往年の時代劇大作『柳生一族の陰謀』に、烏丸少将という悪役が登場する。 演じてるのは成田三樹夫。徳川三代将軍をめぐる幕閣内の暗闘につけ込もうと策謀する、公家の役だった。 顔は白塗り、口調は「... 【続きを読む】
ビジネス

穴を掘って埋め戻す仕事 『ブルシット・ジョブ』

 地面にスコップで深さ1メートルほどの穴を掘り、それを埋め戻すという作業を繰り返して、高い賃金がもらえるとしたら、やるだろうか…と自分に問うてみる。 バカバカしいことであっても、貧しさに苦し... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

またもや謎の“商人”が 『魂手形』

 宮部みゆきのライフワーク的な伝奇シリーズ、その第7巻。  百物語の聴き手である富次郎は、聴き終えた物語にちなんだ絵を描くことを自分に課してる。 モチーフの選択が毎回、ナナメ上あたりに... 【続きを読む】
エッセイ

あえて飛び込む 『面(ジャケ)食い』

 久住昌之の食べ歩きエッセイ。  タイトルの「面(ジャケ)食い」とは、知らない土地で飲食店を訪ねる際、自分の勘だけを頼りに飛び込んでみること。レコードの「ジャケ買い」をもじった言葉らし... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

人工親友から見た人間たち 『クララとお日さま』

 カズオ・イシグロのSF小説。 ノーベル文学賞の受賞後第1作。  舞台は近未来らしい社会で、子供たちの成長に寄り添うAF(人工親友)のクララが主人公。人工知能を搭載した人間型ロボットみ... 【続きを読む】
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました