天竺堂の本棚 ~読書は最高の娯楽です~

天竺堂の本棚

跡目争い 軽妙に描く 『清須会議』

 信長没後の跡目争いを、登場人物たちのモノローグ(現代語訳)でつづった時代小説。  武将や姫たちの会話の端々に、それぞれの思惑がうかがえたりする。コミカルで軽妙なやりとりの描き方が、と... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

場数や資質が求められる 『心理療法個人授業』

 クライアントとの間に生じる濃密な関係さえも利用しつつ、治癒へ導くなんてこと、たやすくできはしない。 臨床心理士の資格要件が高すぎるのも無理はない…とも思う。  けれど、理論と技術を身... 【続きを読む】
エッセイ

言文一致 独特のニュアンス 『遺稿』

 クセのある考えを、クセのある文章でつづったエッセイ集。  言文一致だって。「にぃ」と「にィ」を書き分けてあったりして、読んでいて独特のニュアンスが伝わってくる。  談志の落語、... 【続きを読む】
スポンサーリンク
エッセイ

要約などの“修業”推奨 『小田嶋隆のコラム道』

 コラムを書く入門書。本書自体が面白いコラム集でもある。  コラムには何が書かれるべきか、書く上で意識すべきことは何か…深く掘り下げられている。  文章を書くには「創造」と「描写... 【続きを読む】
エッセイ

小市民のシアワセ 『ひとり家飲み通い呑み』

 アルコールとツマミの相性を“実況”してるようなエッセイ集。  B級やC級グルメに傾倒してる、小市民的スタンス。 少々ウンチクが出るものの、すかさず自分でツッコミを入れる。そうして、飄... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

難解な思想 分かりやすく 『史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち』

 インドから日本に伝わった東洋哲学についての、ユニークな入門書。  仏教の真髄とか、“悟り”を伝える難しさとか、「喝!」の理由とか、ド派手な仏像の狙い…などなど。 難しいことを分かりや... 【続きを読む】
ノンフィクション

施設や病院が街と融合 『奇跡の医療・福祉の町ベーテル』

 ドイツのビーレフェルト市の一角にある、福祉先進地域を紹介してる本。  ベーテルの前身は、教会が始めたてんかん患者の支援施設。ナチスの安楽死計画から障害者を守ったことでも知られる。 ... 【続きを読む】
マンガ

後ろめたさを呼び覚ます 『花のズボラ飯』

 夫が単身赴任中の30歳主婦が、ひたすらにC級グルメを満喫するマンガ。  先進国の都市生活者ならではのズボラ生活ぶりが、何とも赤裸々に描かれている。 そのリアルさは、もはや「あるある」... 【続きを読む】
ビジネス

“小さくて素敵”維持する難しさ 『スモール・ジャイアンツ』

 小さくて素敵な、アメリカにある14企業の事例集。 企業を“小さくて素敵”なままに維持し続けること、その難しさがよく分かる。  良い製品・サービスを提供してると、やがて需要が増す。需要... 【続きを読む】
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました