エッセイ

エッセイ

あえて飛び込む 『面(ジャケ)食い』

 久住昌之の食べ歩きエッセイ。  タイトルの「面(ジャケ)食い」とは、知らない土地で飲食店を訪ねる際、自分の勘だけを頼りに飛び込んでみること。レコードの「ジャケ買い」をもじった言葉らし... 【続きを読む】
エッセイ

ハズしながらのリレーエッセイ 『「芸」と「能」』

 酒井順子と清水ミチコのリレーエッセイ。  タイトルから受ける印象は、芸能界周辺の話題みたいな。 にもかかわらず、両者とも書きたいものばかり書いてる印象。  しかも、リレーしてる... 【続きを読む】
エッセイ

安定・安心の食べ歩きエッセイ 『ステーキを下町で』

 平松洋子の食べ歩きエッセイ。  下町の洋食店で赤身ステーキを平らげるというのが表題作。 だけど、「豚丼を帯広で」でも「餃子を王将で」でも「うどんを赤目四十八滝で」でも、どれが表題にな... 【続きを読む】
スポンサーリンク
エッセイ

空虚な“感動”を警戒せよ 『ポエムに万歳!』

 小田嶋隆のエッセイ集というかコラム集。 巷に蔓延するポエムの数々を、徹底的に叩いてます。  著者が言うところの「ポエム」とは、文芸としての「詩」とは別モノ。 明確に定義されてる訳では... 【続きを読む】
エッセイ

不安や戸惑いに揺れる 『書店不屈宣言』

 ベテラン書店員が、書籍販売の舞台裏などをつづったエッセイ集。  インターネット販売の興隆や出版不況、電子書籍の普及などにより、書店と書店員の存在は脅かされてるそうな。  それで... 【続きを読む】
エッセイ

読ませる“芸”と“業” 『日本全国津々うりゃうりゃ』

 宮田珠己の紀行(?)エッセイ集。  珍しいとまでは言えないけれど、誰もが知ってるというほどでもない。…全国のビミョーな土地を訪れ、ユニークな視点でもって観察してる。  行間に何... 【続きを読む】
エッセイ

小説作法を開陳 『創作の極意と掟』

 筒井康隆による、小説作法についてのエッセイ集。  作家として、読者として、長年培ってきた知見が、「迫力」「異化」「文体」などの項目ごとにまとめられてる。  極意と言うほど厳密で... 【続きを読む】
エッセイ

私小説っぽさが特色 『悶々ホルモン』

 ホルモン食べ歩きのグルメエッセイ。 なんだけど、20代後半の独身女性フリーライターの私小説っぽい側面があり、そこが本書の特色かも。  著者のホルモン好きは有名らしく、東海林さだおのエ... 【続きを読む】
エッセイ

上下に開いて読む 『河童のスケッチブック』

 妹尾河童のエッセイ集。 著者を取り巻く雑多なモノゴトが、モノクロの緻密なペン画とともに紹介されている。読み応えも見応えも充分。  読んだのは文庫本なんだけど、上下に開いて読ませる、凝... 【続きを読む】
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました