小説

天竺堂の本棚

日本ではなく、時代劇でもないような 『ブラッド・スクーパ』

 若き侍・ゼンの彷徨を描く、『ヴォイド・シェイパ』に続くシリーズ2作目。 不老不死をもたらすという「竹の石」をめぐり、ゼンが盗賊団と対決する。  日本でありながら日本でないような、時代... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

小説家や詩人を“収蔵”する図書館 『書架の探偵』

 ジーン・ウルフの奇想が炸裂してるSF。  小説家や詩人の複製人間たちが図書館に“蔵者”として収蔵され、ユーザーが面会したり借り出したりできる未来世界が舞台。 主人公はミステリ作家(故... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

読むと発狂してしまう? 『女學生奇譚』

 読んだ者が発狂したり、失踪してしまうという古書『女學生奇譚』。  どこかの屋敷に監禁されてたらしい女学生の手記(古書の内容)と、その謎を主人公のフリーライターが追っていく様子が、交互... 【続きを読む】
スポンサーリンク
天竺堂の本棚

移民たちに寄り添う神々 『アメリカン・ゴッズ(上・下)』

 ニール・ゲイマンのファンタジー巨編。  舞台は現代アメリカ。 さまざまな民族・人種が集まるこの国には、世界各地から移民たちが連れてきた神々も存在してる。  ところが、信者の減少... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

エキゾチックな時代劇 『ヴォイド・シェイパ』

 森博嗣による、ユニークな時代劇。  伝説的な剣豪に山奥で育てられた青年ゼンが、旅をしながら剣士として成長していく物語…らしい。  舞台は日本っぽいけど、人名はカタカナ表記だし、... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

壮大な宇宙戦争へ突入 『航空宇宙軍史・完全版』(三~五)

 谷甲州による大河SFシリーズの総集編。残る3冊を一気読み。  太陽系内を舞台にした、工学系やミリタリー系の緻密な描写が光る、堅実で渋い未来戦史…みたいな前半2冊の印象が、大きくくつが... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

押し込めてるモノゴトに向き合う 『騎士団長殺し』第1・2部

 ツラい思い出とかイヤな経験とか、そんなモノゴトを「無かったことにしたい」「忘れよう」と無理矢理ココロの奥に押し込めても、やがてジクジクと表面に染み出し、日常生活に悪影響を及ぼしたりするんだ... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

シリーズの転機に? 『三鬼』

 怪談話のオムニバス「三島屋変調百物語」シリーズの4巻目。  残酷な物語には切なさが、トボケた物語には哀愁が、中編4話それぞれに異なる趣があって読ませます。 特に4話目「おくらさま」は... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

ラジオを通じて交錯する人生 『すべての見えない光』

 どこか遠くから電波に乗って飛来する声や音楽を、雑音の中からすくい取るラジオ。ツマミをいじってると、ノイズが突然、耳慣れない異国語の歌に変わってビックリしたりして。このIT社会では古くさいの... 【続きを読む】
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました