知識・教養

天竺堂の本棚

私たちを縛るもの 『魂の脱植民地化とは何か』

 社会や環境から押し付けられる価値観や行動規範などが、無自覚なままに私たちの思考・言動を縛り、悪影響を及ぼしてる状態…これが「魂の植民地化」らしい。 呪縛が生まれる構造や、そこから脱するため... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

思索も人物も刺激的 『ウィトゲンシュタイン 言語の限界』

 天才哲学者の生涯や業績について、言語哲学・分析哲学の専門家が紹介してる本。  言語の限界、認識の極地を見極めようとしたウィトゲンシュタインの思索。 それはもちろん刺激的なんだけど、当... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

“大家”の屁理屈を味わう 『思考力』

 著者は『思考の整理学』などで知られる、英文学者の外山滋比古。  知識の詰め込みではなく、自分で考えることの大切さを力説してる。そこは納得できるし、考える力の育て方など、おおむね有益な... 【続きを読む】
スポンサーリンク
天竺堂の本棚

確度が高い未来予測 『21世紀の歴史』

 フランスの経済・政治学者ジャック・アタリが、2050~2100年ごろを予測してる本。  本書によると近い将来、国家の枠を超えた資本主義の「超帝国」が出現する。そうして、地域紛争がエス... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

書評合戦のガイド本 『ビブリオバトル』

 書評を競わせる知的ゲーム「ビブリオバトル」のガイドブック。  ルールや楽しみ方に加え、京都大の大学院で考案された歴史や、全国で大会が開かれるようになった現状なども紹介してる。 ... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

“理屈でない”と分かる 『「死ぬのが怖い」とはどういうことか』

 ロボット工学から脳科学まで網羅してる、理系研究者が“死”を考察した本。  私たちが行動する際、脳が認識するよりも先に身体が動いてることが、近年の研究で明らかになった。 よって、「意識... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

“日本ならでは”の真理も? 『哲学のヒント』

 日本において哲学がどのように捉えられてきたのか、平易に説いてる本。  私たち日本人は普通、日本語で考える。 ボンヤリとした思いであっても、日本語で捉え直して認識する。日本語で伝達した... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

“革命”ではなく“拡張”で 『独立国家のつくりかた』

 社会改革について、ユニークな提案をしてる本。  国民の生存権をないがしろにする、今の国家・政府は認められない。 けれど、暴動やテロによって無理矢理に体制を転覆させても、より良い社会な... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

場数や資質が求められる 『心理療法個人授業』

 クライアントとの間に生じる濃密な関係さえも利用しつつ、治癒へ導くなんてこと、たやすくできはしない。 臨床心理士の資格要件が高すぎるのも無理はない…とも思う。  けれど、理論と技術を身... 【続きを読む】
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました