マンガ

マンガ

舞踊芸術の醍醐味 『アラベスク』(1~4巻)

 山岸凉子のバレエマンガ。初期の出世作とのこと。  平凡に見えるけど、非凡な才能を秘めた主人公。その才能を見出し、シゴキまくる鬼コーチ。“スポ根”の王道的な物語(スポーツじゃないけど)... 【続きを読む】
マンガ

世界観をグンと深める 『イモータル・アイアンフィスト』

 過去の作品を、現代的な価値観と現実的な設定でもって描き直す“リブート”という試み…その中でも良作と思われる、アメコミのシリーズ。  アジアの秘境・崑崙で修行し、無敵の拳を身に着けたカ... 【続きを読む】
マンガ

読書量が増えつつある模様 『バーナード嬢曰く。』(3)

 読む手間を最低限にしつつ、読書家として認められたい、見栄っ張りな女子高校生が主人公。…のはずなんだけど、3巻では読書量が増えつつある模様。  「叙述トリックものミステリとの出会い方」... 【続きを読む】
スポンサーリンク
マンガ

巨神兵とラブコメ!? 『シドニアの騎士』(1~15)

 巨神兵みたいな生物兵器の“女の子”が、主人公とラブコメを繰り広げるという、ブッ飛んだシチュエーションを生み出してしまった、実に画期的なSFマンガ。  ノスタルジックな都市を内包した播... 【続きを読む】
マンガ

仏像とフィギュア 『ブッシメン!』(1~4)

 仏師だった亡父を継いで仏像制作に打ち込む主人公が、ひょんなことからフィギュアの世界に迷い込んでしまうという、ニッチな業界マンガ。  仏像とフィギュア…造形物としては対極っぽいけど、実... 【続きを読む】
マンガ

スーパーヒーローの新人時代 『デアデビル:イエロー』

 「アメコミ界の座頭市」とも言うべき盲目のスーパーヒーロー、その“デビュー”当時の活躍を描いたコミック。  亡き恋人へつづる手紙というスタイルで、主人公マット・マードックが、社会人1年... 【続きを読む】
マンガ

物語は過剰に壮大に 『ジョジョの奇妙な冒険6 ストーンオーシャン 』(1~17)

 監獄を舞台にしたピカレスクロマン…と思いきや、中盤でガラリと路線変更。 物語は回を重ねるごとに過剰に壮大になっていき、とうとう宇宙が終わるわ、再生するわという事態に。  作者が拡げた... 【続きを読む】
マンガ

ウルトラマンと仮面ライダー? 『スーパーマン/バットマン:パブリック・エネミー』

 アメリカンコミックの2大ヒーロー、スーパーマンとバットマンのタッグ。 この有名コンビは「ワールド・ファイネスト(世界最高)」なんて呼ばれてる。  片や、強大な超能力を駆使するスーパー... 【続きを読む】
マンガ

ホコロビ補って余りある勢い 『ジョジョの奇妙な冒険7 スティール・ボール・ラン』(1~24)

 全巻を一気読みすると、未回収なままの伏線とか、登場人物の扱いの変化とか、細部の不自然さとか、コジツケ気味の理屈とか、そんなところに気が付いてしまう。  けれど、たくさんの不出来を補っ... 【続きを読む】
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました