教養

福祉の意義 障害者の価値 『なぜ人と人とは支え合うのか』

 『こんな夜更けにバナナかよ』で知られるノンフィクション作家が、相模原障害者施設殺傷事件を経て、福祉の意義や障害者の価値などについて述べてる本。  世間には「障害者って、生きている価値... 【続きを読む】
小説

令嬢戦隊? アベンジャーズ娘?  『メアリ・ジキルとマッド・サイエンティストの娘たち』

 英ビクトリア朝のロンドンを舞台にした“スチームパンク”作品群のひとつ。  主人公はジキル博士の娘で、これにハイド氏の娘(つまり異母妹)と、モロー博士の娘、フランケンシュタイン博士の娘... 【続きを読む】
エッセイ

前向きに捉えたい 『おなかがすいたハラペコだ。』(1・2)

 椎名誠の食エッセイ。正続2冊を一気読み。  世界各地に足を運び、あれこれ見聞きし、食べてきた著者だけに、話題豊富にしてネタどっさり。 のはずなのに、同じような話が頻出してる。 ... 【続きを読む】
スポンサーリンク
小説

嫁を見付けてもらいたい『三体2 黒暗森林』(上・下)

 地球侵攻の壮大さとか、面壁者と破壁人の頭脳戦とか、未来社会の変わりようとか、宇宙社会学の興趣とか、読みどころがテンコ盛り。 ページをめくる手が止まりませんでした。  それはともかく、... 【続きを読む】
マンガ

仕事の“妙味”に気付く 『ゴミ清掃員の日常』

 ゴミ回収・処理の舞台裏を描いたエッセイ風のマンガ。 著者は中堅(?)のお笑い芸人で、妻の出産に際して安定収入を確保すべく、副業でゴミ清掃員に。ホノボノとした素朴な作画は、妻の担当。 ... 【続きを読む】
エッセイ

弱さや惨めさを肯定 『あやうく一生懸命生きるところだった』

 ユニークな自己啓発本。と言うか、むしろ“後退”を指向してるエッセイ。  著者は40代の韓国人男性。 3浪して難関美大に入学、兵役を経て30歳で卒業し、会社員とイラストレーターを兼業す... 【続きを読む】
小説

夫って、父親って、こうだよなぁ 『AX』

 伊坂幸太郎の連作短編集。  主人公は凄腕の殺し屋、通称「兜」。普段は平凡なサラリーマンとして、妻子と暮らしてる。  何故か兜は恐妻家で、妻の機嫌を損ねないよう、家庭では常に細心... 【続きを読む】
教養

ルールと自由はワンセット 『友だち幻想』

 人間関係から生じる悩みについて、社会学者が考察してる本。 個人への具体的アドバイスや、学校教育への提言などが書いてある。  興味深かったのは、“自由”とは何か、どんな状態が望ましいの... 【続きを読む】
小説

ただひたすらに踊り続ける 『ダンス・ダンス・ダンス』

 降りかかる火の粉を払いながら歩いていくのが人生だと個人的には思ってる。 本書の表現では、ただひたすらに踊り続けるのが人生らしい。それも分かる気がする。  作中で何度も言及される「高度... 【続きを読む】
エッセイ

戻ってほしくないことは何なのか 『コロナの時代の僕ら』

 イタリア人作家のエッセイ集。 新型コロナウイルスが同国で拡大してた時期の、不穏さがつのる中での暮らしを、淡々とした筆致でつづる。  著者は合理的メンタリティの持ち主らしく、コロナ禍と... 【続きを読む】
小説

「そうなるの!?」「こうきたか!」 『マリアビートル』

 東北行きの新幹線に、犯罪業界の連中が乗り合わせる。 有名なプロフェッショナルだったり、無名の元プロだったり、売出し中のルーキーだったり、未完の大器(?)だったり。みんな目的はバラバラだけど... 【続きを読む】
小説

オトナのハートに火をつける 『アルケミスト』

 学校あたりでは「将来へ夢を持とう」「やりたいことを見付けよう」「ひたむきに頑張ろう」なんて子供に諭したりする。無益とは言わないけど、幸福や栄達を確約するものではない。 半世紀ほど生きてきた... 【続きを読む】
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました