小説

天竺堂の本棚

旧ソ連の暗黒史が浮き彫りに 『オリガ・モリソヴナの反語法』

 米原万里の長編小説。  著者がモデルと思われる日本人女性が、少女時代を過ごしたプラハのソビエト学校で出会った舞踊教師の消息をたずね、民主化後のモスクワをさまよう。ミステリ仕立ての物語... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

絶望的な弁護を受けて立つ 『ユダの窓』

 ドアに鍵が掛かり、窓にシャッターが下りてる執務室。 老人を訪ねてきた青年。老人から酒を勧められ、グラスに口を付けた青年は突然、気を失って昏倒。 しばらくして青年が目覚めると、部屋の壁に飾ら... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

人類の未来描く年代記 『怨讐星域』(1~3)

 滅亡の危機にさらされた地球。 172光年の彼方に発見された居住可能な惑星を目指し、選ばれた一部の人々が、世代交代型の巨大宇宙船で出発する。その後、宇宙空間を超える瞬間移動技術が発明され、残... 【続きを読む】
スポンサーリンク
天竺堂の本棚

“在り得なさ”が痛快 『火刑法廷』

 初めて読んだジョン・ディクスン・カー。  富豪の殺害疑惑に絡んで、遺体が地下霊廟から無くなったり、怪しい女が壁に消えたり、主人公の奥方が伝説的な毒殺魔にそっくりだと分かったり。 ... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

“無かったこと”にはできないけれど 『忘れられた巨人』

 燃えるような憎悪を抱いたり、重苦しい絶望にとらわれたり、消え去りたくなるほどの罪悪感を覚えたり…。 そんな経験もしてきたけれど、どうにかマトモに過ごしていられるのは、忘却のおかげ。 ... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

弱者と強者の死闘 『槐(エンジュ)』

 月村了衛のシンプル&ストレートな冒険小説。  山奥のさびれたキャンプ場に突如、武装した凶暴な半グレ集団が現れる。たまたま合宿に来てた中学生と引率教師らは、過酷なサバイバルを強いられる... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

「かわいそう」って言うのは… 『明日の子供たち』

 例えば、アナタが肥満体だとする。しかも独身で、頭髪が薄いとする。 それはそれとして、アナタなりに毎日をノビノビと楽しく暮らしてるとする。  そんなアナタへ、周りの人たちがあわれむよう... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

マンガ表現 フルに駆使 『ひきだしにテラリウム』

 九井諒子の掌編マンガ集。  全33編すべて数ページ程度。 内容は多種多様で、SFあり、民話風あり、裁判あり、ホラ話あり、不条理あり、ギャグあり、ラブコメあり、一発ネタあり…。幕切れの... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

政治利用されるスーパーヒーローたち 『完璧な夏の日』(上・下)

 アメコミ風のヒーローたちが、本格スパイ小説の舞台で活躍するという異色作。  第二次大戦前、ドイツの物理学者が行なった実験の影響で、世界中に超能力を持つ者が出現。霧を操ったり、物体を消... 【続きを読む】
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました