小説

天竺堂の本棚

ヒロインの魅力につきる 『ミレニアム2 火と戯れる女』(上・下)

 主役級ヒロイン、リスベット・サランデルの魅力につきる物語(良い所は他にもたくさんあるんですけど)。  小柄で痩せぎすで無愛想。恰好はトゲトゲしいパンクファッション。20代後半なのにハ... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

伯爵や名探偵や博士たちが 『虚ろなる十月の夜に』

 ロジャー・ゼラズニィによる、ホラー風味のファンタジー。  19世紀のロンドン近郊が舞台。 恐るべき何かを召喚しようとする者たちと、それを阻止しようとする者たちが、秘密裏に進める魔術的... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

よみがえる“ワクワク感” 『ローマ帽子の秘密』

 エラリー・クイーンのデビュー作にして「国名シリーズ」第1作。 ライトな訳文が好評な半面、ライトノベルっぽいカバーに賛否が分かれる、角川文庫版を読みました。  舞台公演中に客席で起きた... 【続きを読む】
スポンサーリンク
天竺堂の本棚

冒険活劇に終わらない深さ 『ヒストリア』

 池上永一の長編小説。  第二次大戦末期、沖縄の大空襲を生き延びた主人公・知花煉が、移民として南米ボリビアに渡り、たくましく生きる姿を描く。…というだけに終わらない、とてつもなく濃密な... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

驚かされ、はぐらかされ 『隣接界』

 クリストファー・プリーストの長編SF。  近未来のディストピア的なイギリスをさまようカメラマンや、第一次大戦時に密命を帯びて戦地へ向かう奇術師、異界「夢幻諸島」での冒険などなど…。 ... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

よく分からない面白さ? 『非Aの世界』

 ヴァン・ヴォークトの名作SF。  不可解な危機に巻き込まれ、ひたすら動き続けることになる主人公。非A哲学とか歪曲機とか、次々に登場する奇抜にして奇怪なアイデアやガジェット。地球から銀... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

八重山諸島が舞台 『統ばる島』

 池上永一による、八重山諸島の各島を題材にした、オムニバス短編集。  青春小説風とかホラー風とか民話風とか、それぞれテイストが異なる物語には、舞台となる各島の風土や歴史的位置付けなどが... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

トンガったディストピア小説 『華氏451度』〔新訳版〕

 ブラッドベリの有名なディストピア小説。  どことなく、映画『ファイト・クラブ』にも通じる、スカッとした過激さが感じられる。 窮屈な社会に対し、主人公が果敢に反逆するという、そのあたり... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

尻込みする気持ちもホンモノ 『ソラリス』

 少年時代、私は祖母と同居していました。内孫の長男である私の大成を、祖母は強く望んでいたようです。 しかし、私はボンクラだったため、高校受験に失敗。祖母は私以上に落胆し、その年の夏、病気で他... 【続きを読む】
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました