施設長の学び!

『それをお金で買いますか』

 世の中には、お金で買えないものがあります。 私を含め多くの人びとは、そう教えられており、そう信じてきました。  ところが近年、さまざまなものがお金で買えるようになっています。 例え... 【続きを読む】
施設長の学び!

プロ意識という“仮面”

 私が勤務する障害者福祉施設には、実弟がいます。 ダウン症である弟は、ウチの施設では最古参の“利用者さん”です。  弟は排泄に少々困難があり、状況によっては私が介助に入ります。 そんな... 【続きを読む】
施設長の学び!

助けられているのは誰?

 「ヘルパーセラピー」という言葉があります。  そのまま日本語で読めば「助ける者が癒される」。 「援助をする人が、最も援助を受ける」「援助をする人が、援助される人より多くのことを得る」... 【続きを読む】
スポンサーリンク
施設長の学び!

スタートラインを平等に

 「自由」って素敵な言葉ですよね。 一説によると、自由には2種類あるそうです。  ひとつは「○○からの自由」。 もうひとつは「○○する自由」。
施設長の学び!

それぞれの「大丈夫」

 社会福祉を学ぶ人は、必ず「個別化の原則」というものを教わります。私の場合、社会福祉士を受験する際に勉強しました。  支援の対象を“集団”で捉えるのではなく、異なる背景や課題、思いな... 【続きを読む】
施設長の学び!

『ストーリーとしての競争戦略』

 経済的に困窮する母子家庭を対象に、占いの在宅ビジネスを計画している人がいるそうです。  これを初めて聞いた時、私は「なるほど!」「面白い!」と大いに感嘆したものです。正座していたなら... 【続きを読む】
施設長の学び!

「利用者さん」と呼んでいます

 支援している相手のことを、どう呼ぶか?  個人であれば、名前を呼ぶべきですよね。 名前に続く「さん」「くん」「ちゃん」などが気になる人もいる(呼び捨てやニックネームも含めて)よう... 【続きを読む】
施設長の学び!

就労継続支援B型って…?

 「ジャーゴン(jargon)」という言葉をご存知でしょうか? 仲間内だけに通じる特殊用語のことです。この「ジャーゴン」自体がジャーゴンかも知れませんね。  障害者福祉の“業界”にも、... 【続きを読む】
施設長の学び!

『支援者が成長するための50の原則』

 「建てかけの家」…  問題を抱えている人や、弱い立場にある人を、さまざまな形で支援している私たちのことを、著者はそう表現しています。  豊かな人間性という地盤に、倫理観という土... 【続きを読む】
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました