ノンフィクション

ノンフィクション

医者になりたかったのか…? 『東大医学部』

 中学時代のクラスメイトT君は、校区内にあった進学塾の息子で、そのせいか勉強ができた。 テストの成績は、常に学年トップ。公立中学の授業には興味がないらしく、くり抜いた教科書に別の本をハメ込み... 【続きを読む】
ノンフィクション

今後1000年も大丈夫? 『空海の風景』(上・下)

 司馬遼太郎による空海の伝記。 ノンフィクションとエッセイと小説が合わさったような本。  1000年以上も前の人物なので、足跡や業績については史実と捏造と錯誤が混在してる模様。 そこで... 【続きを読む】
ノンフィクション

そんな教育、私はいやだ 『掃除で心は磨けるのか』

 現在の公教育がはらむ危うさを指摘した本。 著者は全国紙の記者。取材や実体験を通し、教育行政が何を目指そうとしてるのかを探る。  個人的に興味深かったのは、甲南大の田野教授による「ファ... 【続きを読む】
スポンサーリンク
ノンフィクション

右派/左派とは別次元にある“自由” 『リバタリアニズム』

 アメリカなどで拡大してる自由至上主義、その歴史や現状などをまとめたノンフィクション。  信奉者は「リバタリアン」と呼ばれ、市場の自由化とか、公権力の縮小、個人尊重などを進展させようと... 【続きを読む】
ノンフィクション

文化を担った行商人たち 『モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語』

 イタリア在住の日本人ジャーナリストによるノンフィクション。  トスカーナ州の山奥にある「モンテレッジオ」は、本の行商人たちの村だった。…という話を、ベネツィアの古書店で小耳にはさんだ... 【続きを読む】
ノンフィクション

弔いたいという需要 『ペットと葬式』

 近年メジャー化しつつある“ペット葬”などについて取材した本。 著者は新聞記者や雑誌編集者を経て、実家の寺(浄土宗)を継ぐため仏門に入ったという人物。  現代ではペットの地位が“家族の... 【続きを読む】
ノンフィクション

毀誉褒貶を味わい尽くして 『一発屋芸人列伝』

 お笑いコンビ「髭男爵」のツッコミ役・山田ルイ53世が、世間に“一発屋”として認知されてる芸人たちを取材したルポルタージュ。  著者自身が一発屋だけに、毀誉褒貶を味わい尽くした者同士だ... 【続きを読む】
ノンフィクション

小学校を覆う全体主義 『滝山コミューン 一九七四』

 政治思想史の研究者が、子供時代のつらい記憶と向き合った、異色のノンフィクション。  1970年代。首都圏郊外のマンモス団地に住む、公立小学校の児童だった著者は、赴任してきた若手教師が... 【続きを読む】
ノンフィクション

天才か? 礎か? 『最後の秘境 東京藝大』

 東京藝術大学についてのルポルタージュ。 著者は作家で、妻が現役の藝大生であることが、執筆の動機になったそうな。  学内のさまざまな学部を見て回りながら、“学業”に励んでる学生たちにイ... 【続きを読む】
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました