施設長の学び! | 障害者福祉作業所で働きながら…

“障害者に見えない”つらさ

“障害者に見えない”つらさ

 福祉専門職の実習生たちが、ウチの施設での実習初期、そろって口にする疑問があります。
 「利用者のAさんは、どこに障害があるのですか?」

 裏を返せば「Aさんは健常者にしか見えない」ということです。
 物言いがハキハキとしており、立ち居振る舞いもスムーズで、誰にでもにこやかなAさん。どこに障害があるのか、接したばかりの人は分からないでしょう。

≫続きを読む

1 2 3 4 18