社会福祉士は上流へ向かう | 施設長の学び!

社会福祉士は上流へ向かう

 
 おぼれて川を流されている人を、介護福祉士と心理士と社会福祉士が見付けました。
 3人の福祉専門職は何をするのでしょう…?

 川から人を助け上げ、介抱したのが介護福祉士。動転している相手を落ち着かせ、事情などを聞き出したのが心理士。
 その間に、社会福祉士は川の上流へと歩いていきました。


 社会福祉士会の研修で聞いた話です。
 ベテランのワーカーさんから教わったのですが、その人も又聞きとか。広く流布している話かも知れません。

 上流へ向かった社会福祉士の目的は、人が川に転落しておぼれた原因の調査だったそうです。今後、同様の遭難者を出さないために。

 今後、困難な人を出さないために、環境へ働きかけること。
 それが社会福祉士の役割なのです。

 「社会福祉事業に携わる者」「相談援助を行なう福祉専門職」などと説明される社会福祉士ですが、このたとえ話を通して、私は本質的なところを知りました。

 目の前に困難な人がいたら、やはり助けようとするのでしょうけれど…。

photo credit: Domiriel via photo pin cc