プロ意識だけで取り組む危うさ | 施設長の学び!

プロ意識だけで取り組む危うさ

プロ意識だけで取り組む危うさ
 以前にも書きましたが、福祉業界ではしばしば感情労働が要求されます。
 自分の感情を抑制し、サービスに従事しなければならない場合が少なからずあるのです。

 職員も人間ですから、支援対象の言動にストレスを覚え、サービスの質を低下させることもあります。
 それを乗り越えさせるものがプロ意識である…私はそう考えていました、最近までは。


 身近にある福祉作業所での事例を知った私は、やや考えを改めました。
 福祉の仕事は、プロ意識だけで取り組めるものではありません。プロ意識だけで取り組むべきではないとも言えそうです。

 A施設に勤めるB職員。快活で行動力があり、支援スキルも高い人材です。
 支援現場の主任に抜擢され、強いリーダーシップでもって職員たちをまとめていました。

 利用者さんやその家族らに、いつもにこやかに接し、B職員は信頼を寄せられていました。
 ところが、サービスに従事していない時の態度は、大きく異なっていたのです。利用者さんへの悪態や、障害への嘲笑、職場や経営幹部への不満などを、陰で他の職員たちに言いふらしていました。

 B職員には極端な二面性がありました。
 A施設のC施設長も勘付いてはいたものの、仕事ぶり自体に問題が見られないため、「業務でのストレスを発散したくなることは誰にでもある。利用者さんに福祉専門職として適切に接している以上、悪いことではない」として、大目に見ていたそうです。

 そんなある日、複数の職員から「退職したい」との申し出がありました。理由は「B職員と一緒に働きたくない」。
 職員たちはそれぞれに、利用者さんや施設への愛着や、福祉専門職としての理想や誇りなどを、大なり小なり胸に抱いています。それらを踏みにじるような発言を、日常的に上司から聞かされ、つらい思いを抱えていたのでした。

 辞めたがる職員を遺留したC施設長は、同時にA施設内で、人権や虐待防止についての職員研修を積極的に実施。B職員をはじめ職員全員に、福祉専門職としての心構えを改めてもらおうという狙いでした。
 しかし、B職員には効きませんでした。研修の直後にはもう、他の職員へ「現場では通用しないきれいごとだ」などと陰口を叩いていたそうです。

 とうとうC施設長は、B職員を呼び出して直々に諭しました。二面性のある態度が職場に悪影響を及ぼしていることを指摘し、改めるよう強く求めました。
 その場では神妙にしていたB職員ですが、この後、他の職員たちへ「誰が告げ口したのか?」などと詰め寄ってトラブルに発展。B職員を含め職員3人が一斉退職する事態になったそうです。

 規模の小さなA施設としては大騒動。C施設長は「元どおりの活動に戻るまで苦労しました」と話していました。

 かつての個人的な経験から、私は「プロフェッショナルとしての意識は、福祉支援の現場に不可欠なものである」と考えています。
 一方で、A施設の事例を知って、「人間としての“土台”に健全性や倫理観が育っていなければ、そこにプロ意識が確立され、知識や技術で補強したところで、やはり危ういものでしかない」と考えるようにもなりました。

 個人の価値観や信念が色濃く反映されてしまう、それが福祉支援の現場なのです。

photo credit: uklanor Janus via photopin (license)

ブログランキング

にほんブログ村 障がい者福祉・介護へ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪