ハズしながらのリレーエッセイ 『「芸」と「能」』

 酒井順子と清水ミチコのリレーエッセイ。

 タイトルから受ける印象は、芸能界周辺の話題みたいな。
 にもかかわらず、両者とも書きたいものばかり書いてる印象。

 しかも、リレーしてるようでリレーしてない。
 相手から引き継いだ話題をビミョーにハズし、自分の話題を押し出してる。

 著者2人とも“一家言”ありそうな才人だけに、必然的に個性がぶつかってしまうのかも。
 にこやかにフレンドリーに見えて、机の下でガスガス蹴り合ってるカンジ。

 そんなバラけた内容の本書だけど、意外に面白いぞ。読みどころがたくさん。
 酒井の多彩にして絶妙な文章表現とか。清水のベテラン芸人としての鋭い視点とか。

 競うことで実力以上のものが引き出される場合があるけど。本書で実現してる気がします。

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪