情熱燃やす濃密な4年間 『東京大学応援部物語』

 最相葉月のノンフィクション。応援部員たちに密着取材し、セイシュンの悲喜こもごもを活写。

 勉学優先だった学生ばかりの東大では、応援対象である運動部は弱くて負けてばかり。それでもなお応援し続けることに、意味や意義はあるのか?
 …それぞれに悩み迷いつつ、励まし合ったり傷付け合ったりの濃密な4年間に情熱を燃やす。

 味方が敗けそうな時に「応援が足りないからだ」と自分たちを責める理不尽さに苦笑させられたり、「応援する人間は、応援される人間より強くなければならない」みたいなスルドい言葉に感心させられたり、なかなかに読ませます♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪