シリーズ全体の転機? 『三鬼』

 怪談話のオムニバス「三島屋変調百物語」シリーズの4巻目。

 残酷な物語には切なさが、トボケた物語には哀愁が、中編4話それぞれに異なる趣があって読ませます。
 特に4話目「おくらさま」は、主人公の心境に変化が生じたり、主要なキャラクターに入れ替わりがあるなど、シリーズ全体の転機になりそう。

 次巻以降の展開が気になってしまい、著者の技巧にヤラれた感がw

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪