すでに30年以上も前から 『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』

 アメリカのロックバンドを題材にした、ユニークなビジネス書。

 ヒットチャートとは無縁ながら、コアなファンを持ち、息の長い活動を続けてる「グレイトフル・デッド」。
 実は、全米で最も“稼げる”バンドのひとつらしい。

 背景にあるのは、ソーシャルメディア全盛の現代において有効とされる、「シェア」や「オープンソース」などと呼ばれるマーケティング手法。
 これらは、すでに30年以上も前から、グレイトフル・デッドが行なってたそうな。

 グレイトフル・デッドは即興的な演奏が持ち味なので、ライブを録音したがるファンが多い。
 そこで、バンド側が録音を容認し、さらにはライブ会場に録音スペースを設けるなどして支援。
 すると、ライブの録音テープが広く出回るようになり、ファンが増え、ライブへの動員も増えていった…。

 バンド側に戦略的な思惑は無さそう。ファンを思いやっての行動なのだろう。

 だから本書は結果論。
 とは言え、これからのマーケティングを考える上で、さまざまなヒントが得られる一冊です。

 それにしても、グレイトフル・デッドのファンたちがつくるコミュニティ、和やかで楽しそうだなぁ♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪